バリアラビカ神山デカフェ | 夜宮珈琲倶楽部

2021/11/28 22:21

インドネシアで無農薬で厳しい管理のもと栽培されたバリアラビカ神山。
ファンも多い、アラビカ種高品質の豆をデカフェ(カフェインレス)にしたものです。


スイスウォーター社(Swiss Water Decaffeinated Coffee Inc.)が開発したスイスウォータープロセスという全く化学溶剤を使用せずに水だけでカフェインを抜く作業をしています。

独特なビターショコラ感じのあるコクと甘み、またほんのりほろ苦さがあとをひく珈琲です。
神山はインドネシア・バリ島のバツール山、アグン山に囲まれたキンタマーニ高原の指定地区で生産が行なわれています。 
なかでもアグン山はバリヒンドゥー教徒に聖なる山とあがめられ、神の山として信仰を集めています。
このコーヒーの名前はそこからとられました。